2005年07月30日

四コマ生活

例によって本日は所用で梅田近辺へと出かけておりましたので、ジュンク堂書店に寄って購入予定だったコミックスを入手して帰ってきました。本当は他にも「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」とか「風魔の小次郎 柳生暗殺帖」なんてのもあるんですが、そちらはまたの機会に(以下敬称略)。

  • 「あおいちゃんとヤマトくん」 2巻 (師走冬子 / 芳文社)
  • 「花やか梅ちゃん」 1巻 (師走冬子 / 竹書房)
  • 「姉妹の方程式」 2巻 (野々原ちき / 芳文社)
  • 「 LOVE ME DO 」 2巻 (新条るる / 芳文社)

というか全部四コママンガですけどね。ちょっと時間のあるときなどに気軽に読めて、どこでも中断できるのがいいですね、やっぱり。

そして四コママンガ界(何処)で今いちばん気になるのは、「トリコロ」はこれからどうなるのだろうということだったりするわけですが(汗)。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

「零〜刺青の聲〜」と「ポップンミュージック11」

タイトルのとおりですが、どちらも PlayStation 2 用の両作品を購入してきました。

「零」のほうはもともと前作前々作と一通りプレイしており今回予約もしていた作品で本日が発売日、「ポップンミュージック」のほうは先週が発売日でちと迷っていたんですが、ソフマップのポイントも貯まっていましたのでついでに(笑)。

といっても例によって、まともにプレイするのはいつの事になることやら(汗)。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

近況

とりあえずは相変わらず PSO BB 三昧だったりするわけですが。

それはさておきその他のゲームですが、 PlayStation 2 のほうで来週発売(7/28)の「零 〜刺青の聲〜」(予約済み)が気になっているのはもちろんのこと、今週発売(7/21)の「ポップンミュージック11」もあるいは購入するかもといったところです。何しろ「10」と一緒に専用コントローラーまで買ってしまっていますし(笑)。

ちなみに PSO BB のようなオンラインゲームは毎月決まった利用料を払うのが一般的な料金体系だと思いますが、その分他のゲームをほとんどやらなくなってしまったので、なんだかんだでゲームに使うお金はここ何ヶ月か極端に減少していたり。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

「 .hack//fragment 」と「絢爛舞踏祭」

とりあえず .hack という文字列に反応してみたんですが、正直この記事だけでは何が何やら。「 .hack//fragment 」公式サイトを見ても、詳しい情報等はまだ掲載されておらず、 PlayStation 2 向けの「オンライン/オフライン RPG 」としか。

記事中でオンライン対応タイトルとあるのを見たときは、いよいよゲーム内ゲーム「 The World 」リリースかとも思ったんですが、どうも通常のオンラインゲームと違って、どこかの誰かがその PC 内で作った「 The World 」に他のユーザーが PlayStation 2 からアクセスしてプレイするというもののようで。

興味はもちろん山ほどありますが、何かどちらの立場でもちょっと怖いかなぁと思ってみたり(汗)。

それと「絢爛舞踏祭」につきましては、以前からその世界観については聞き及んでいたものの、「ガンパレード・マーチ」の頃から、正直そういった裏設定やら何やらを追いかける気にはならなかったのでチェックしていなかったんですが、ただゲームとしてリリースされるなら話は別と。

ガンパレについては、裏設定がどうとかテレビアニメ版がどうとか、ゲーム自体も公式には5人のキャラクターでのプレイしかサポートされていなかったりとか、まぁいろいろとありましたけれども、もちろんゲームそのものの面白さや実際に長期間はまっていたことまで否定する気は毛頭ないわけで。

それにしても記事を見てガンパレで思い出したのが、原素子副委員長に刺されまくったことだったりするあたりがちとアレですが。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

チェックリスト(7月のコミックス)

今月はまだどんなコミックスが発売されるか調べていませんでしたが、あらためてチェックした結果、今月の購入予定リストは以下のようになりました(敬称略)。

  • 7/4 「 DEATH NOTE 」 7巻 (大場つぐみ・小畑健 / 集英社) ※購入済み
  • 7/4 「 HUNTER×HUNTER 」 22巻 (冨樫義博 / 集英社) ※購入済み
  • 7/4 「あおいちゃんとヤマトくん」 2巻 (師走冬子 / 芳文社)
  • 7/12 「花やか梅ちゃん」 1巻 (師走冬子 / 双葉社)
  • 7/20 「風魔の小次郎 柳生暗殺帖」 2巻 (車田正美・由利聡 / 秋田書店)
  • 7/26 「機動戦士ガンダム THE ORIGIN 」 10巻 (安彦良和 / 角川書店)
  • 7/27 「姉妹の方程式」 2巻 (野々原ちき / 芳文社)
  • 7/27 「 LOVE ME DO 」 2巻 (新条るる / 芳文社)

一足早く購入した二作品の簡単な感想ですが。「 DEATH NOTE 」については、面白い面白くないではなく、未読の方にとってこの巻のネタバレはきつそうという理由で、コメントは避けておきます。もちろん予想外といえば予想外でした。

一方「 HUNTER×HUNTER 」のほうは、すぐに決戦に突入するかと思いきや、何というかまだまだ引っ張るんだなぁと(笑)。

そして例によって「あおいちゃんとヤマトくん」、「花やか梅ちゃん」、「姉妹の方程式」、「 LOVE ME DO 」は全て四コママンガです。「花やか梅ちゃん」については作者買い(?)ですが、他の三作品については、掲載誌こそ購読しなくなったもののどのような作品かは承知していますので特に迷うようなことは。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

今日の購入物

7月分のコミックはこの時点でまだチェックしておらず、たまたま前日「 DEATH NOTE 」と「 HUNTER×HUNTER 」の最新刊の発売日が近いことを知りまして、本日ジュンク堂書店へ寄ってみたところ、週末を挟んでいるためか既に店頭に並んでいたので、以前からの購入予定だった「悪魔様へるぷ☆」といっしょに購入してきました。

というわけで今日は以下のような感じで(敬称略)。

  • 「 DEATH NOTE 」 7巻 (大場つぐみ・小畑健 / 集英社)
  • 「 HUNTER×HUNTER 」 22巻 (冨樫義博 / 集英社)
  • 「悪魔様へるぷ☆」 2巻 (岬下部せすな / 芳文社)
  • 「水滸伝」 7巻 (李志清・夏秋のぞみ / メディアファクトリー)

この中で「水滸伝」だけは予定外だったりします。戦国時代モノや三国志モノというと少年誌や青年誌などでやや奇をてらった感じの作品を見ることも多いんですが、こちらは劇画調の濃い目の絵柄でわりと正統派っぽい雰囲気です。で、今回初めて購入したんですが、面白かったら買い揃えてみようかと。

そして何もマンガしか読んでないわけじゃありませんよというわけで(笑)、数日前に購入した書籍のほうも紹介してみたり。

  • 「教養が試される 知らない漢字練習帳」 (藁谷久三 / 幻冬舎文庫)
  • 「大阪の常識 東京の非常識」 (近藤勝重 / 幻冬舎文庫)
  • 「地図で読む日本古代戦史」 (武光誠 / 平凡社新書)

漢字に雑学に歴史というわけで、ある意味好みのジャンルの代表ともいえるかと。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

ゲーム関係

近頃は情報収集自体積極的に行っていなかったりするんですが、久しぶりにゲームニュースサイトを一週間分ほど流し読みして、気になる話題をいくつか拾ってみました。

もちろん同じ作品の記事を各サイトで扱っているので重複している分もありますが、タイトル毎にまとめますと、 PlayStation 2 の「必殺裏稼業」と「真・三國無双4 猛将伝」、 Windows の「 PSO BB 」、iモードの「逆転裁判i」ということになりますですね。

「逆転裁判i」

「逆転裁判」シリーズといえば、それはもう以前から気になっているタイトルの一つではあるんですが。いかんせんハードウェアを持っていませんし、もともと携帯ゲーム機自体プレイしない・持っていないこともあって、そのためだけにハードごと購入する気も起きず。

これが全部まとめて PlayStation あたりで安価に発売されれば、あるいはグラフィックやら何やらを強化して PlayStation 2 あたりで発売されれば購入候補になるタイトルであることは間違いないんですが、それはさておき。

携帯ゲーム機ならぬ携帯電話用アプリとしてリリースされている「逆転裁判i」ですが、さすがにこちらは携帯ゲーム機版より敷居も低く、現在登録を考慮中です。

ちなみに今回記事になっている昇進テストの「図形認識編」を見ていると、何だか IQ テストを思い出しますね(笑)。

「 PSO BB 」

いわゆる MMO RPG についてはプレイしたことがないのでわかりませんが、 PSO BB で冒険に出かける場合には、まず難易度とエピソード( EP1 or EP2 or EP4 )などを設定して部屋を作り、そこに1人から4人のプレイヤーが入ってスタートすることになります。

で、普通に冒険を行うための部屋の種類には、普通部屋と一人用とがあり、前者は4人までプレイ可能なかわりに一人用に比べるとエネミーが強く設定されているんですが、今まで EP4 では一人用が実装されていなかったために、(乱入をされたくなく)一人で潜りたい時には部屋に鍵をかけ、さらにやや強めに設定されているエネミーを一人で相手する必要がありました。

で、 EP1 や EP2 では(一人用が)とうに実装されていることもあり、 EP4 でも待たれていたわけなんですが。

本日のメンテナンスで他のクエストといっしょに配信されるはずが、どうも不具合が見つかったのか一人用クエストだけが来週に延期された模様。

「必殺裏稼業」

購入するかどうかはわかりませんけれど、何となく心惹かれるものが(笑)。

そして必殺なんて文字を見ると、やっぱり往年の「必殺!」シリーズを思い浮かべる、というよりまさに意識しての命名でしょうけれど、そういえばそのものずばり各種時代劇の版権モノなんてのは作られないのかなぁとふと思ったり。

序盤から中盤にかけては情報収集や探索がメインで、最後はもちろん正体を現しての大立ち回り、証人が駆けつけたり印籠(何)が出されたりするまで耐えればミッションクリアーと。←おい

「真・三國無双4 猛将伝」

とうとう本編をまともにプレイする前に発表されてしまいました(汗)。

なのでいずれは購入するにしても、発売後すぐに購入するかどうかは微妙なところで。もっとも発売後に本編に取り掛かるなら、その時に購入してしまうと思いますが。

ちなみに「2」と「3」のときは、いずれも最初の発売からかなり時間が経ち、本編と猛将伝がセットになったパックが発売された時に購入したので、特に悩む悩まないなんてことはなかったんですけどね。発売後すぐに購入したのは今回の「4」が初めてなんですが、その「4」だけをまともにプレイしていないという皮肉。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

今日の購入物

ちょっといろいろあって延び延びになっていましたが、本日ほぼ以前からの予定どおり以下のコミックスを購入(順不同、敬称略)。

  • 「ぱにぽに」 7巻 (氷川へきる / スクウェア・エニックス)
  • 「まろまゆ」 1巻 (氷川へきる / メディアワークス)
  • 「 GUNSMITH CATS BURST 」 1巻 (園田健一 / 講談社)
  • 「サクラ大戦 漫画版」 1巻 (政一九 / 講談社)
  • 「魁!! クロマティ高校」 13巻 (野中英次 / 講談社)

「まろまゆ」だけは店頭で知った作品で、「ぱにぽに」と同じ氷川へきる氏の作品というだけでなく、デザインも同じような感じでしたので、てっきり同じ会社の他誌に掲載されている作品かと思いきや、あちらはスクウェア・エニックス、こちらはメディアワークスという。

こんなにそっくりでええんかいなと思ってよくよく見れば、「ぱにぽに」の帯では「まろまゆ」の、「まろまゆ」の帯では「ぱにぽに」の宣伝をしていて何が何だか。

後は久しぶりに「ポップンミュージック12 いろは」をプレイしてきたんですが、最初のプレイでは慣れた3曲を選んで無難に終えたものの、誰もやりそうにないので続けて始めた二回目で、今までプレイしたことのない曲を中心に選び、最後はもうぼろぼろだったんですが、そういう時に限って後ろで人が見てるという、そんな帰り道でした(滅)。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

「僕の彼女を紹介します」と「ラストサムライ」

「零〜刺青の聲〜」を予約するためにソフマップに寄った際に、こういったショップに足を運ぶのも久しぶりということで DVD なども見てまわり、「僕の彼女を紹介します」(「猟奇的な彼女」が好きだったので)と、「ラストサムライ」を購入してきました。ただ初めて見る DVD を流しながらアクション RPG をできるほど器用ではありませんので、実際に鑑賞するのはもう少し先になると思いますが。

ちなみにソフマップの予約券に、電話番号を書かなくてよくなったのは、やっぱり「個人情報の保護に関する法律」の影響なんですかね。集めなければ漏れることもないわけで、使わない情報を集めないというのは、ある意味基本でしょうし。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「零〜刺青の聲〜」( TECMO )

相も変わらずの PSO BB 三昧で日記も思い切り間が空いたり、このタイトルもすぐに予約するといったわりに今まで延び延びになっていましたが(汗)、昨日の帰りにソフマップでようやく予約してきました。

とりあえず「零〜zero〜」、「零〜紅い蝶〜」とプレイしてきたうえで、今回の「零〜刺青の聲〜」が発売されることを知ったと同時に購入を決めたので、特になにがどうということもないんですが。

よほどホラーが苦手といった方でなければ、一度は体験してほしいと思うシリーズですね。幸い(?)前二作品は既に廉価版も発売されていますし、何よりこれからこの手のゲームにいい季節なんじゃないかと(笑)。

posted by わたわた at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。