2005年04月17日

今日の購入物

現在続きが気になるマンガの一つである「史上最強の弟子ケンイチ」の15巻が、4月18日の月曜日に発売予定ということで、フライング販売でもしてないかなと思い近くの書店に行ってみましたが、さすがにまだ置いておらず、そのまま帰ってくるのも何なので、ついでに以下のようなタイトルを購入(作者敬称略)。

  • 「高橋留美子劇場」 2巻 (高橋留美子 / 小学館)
  • 「哲也 THE FINAL 」 (監修 さいふうめい・星野泰視 & 週刊少年マガジン編集部 / 講談社)
  • 文庫版「ジョジョの奇妙な冒険」 11巻・12巻 (荒木飛呂彦 / 集英社)
「高橋留美子劇場」

高橋留美子氏の作品は昔から好きで、「うる星やつら」「めぞん一刻」あたりは改訂版というか豪華版というか、よくある大きめのコミックスであらためて出されたバージョンで全部揃えており、「らんま1/2」もはっきりと確認してはいないんですが、おそらく最初のコミックスでほとんど全部揃っているんじゃないかと思います。

その他「るーみっくわーるど」などの短編集も店頭で見かけた分は購入していますが、果たしてどのくらい発行されているかは確認しておらず、現在人気(?)の「犬夜叉」については全く読んでいません。

それまではちょっと毛色の変わった作品に見えた「人魚の森」などを読んでいても、最初に列挙したようなラブコメやスラップスティックな作品だけでなく、こういった伝奇モノももっと描きたいのかなぁなんてことは感じていましたし、「犬夜叉」の存在を知ったときにはさもありなんと思ったものですが、正直なところ自分はあまり(汗)。

それはともかく「高橋留美子劇場」については以前同名で判型の違うものを購入した記憶があり、あるいはそれを分割して発売したものだったりしたらイヤだなぁと思いつつ購入したのですが、どうやら見覚えのない作品ばかりで、単に1巻2巻ともに改装されての再発行みたいですね。つまり自分の場合、1巻を前のバージョンで、2巻を新装版で所持しているということになるようです。

「哲也 THE FINAL 」は先頃本編が完結したということで、キャラクター紹介であったりストーリーのダイジェストであったりあるいは座談会といった企画が収録されたものですね。当初は絵に引いてあまり読んでいなかったんですが、後半はだいたいコミックスのほうを購入していました。

もっともこの作品については、自分の感想がどうというより、よく「週刊少年マガジン」で7年半も連載が続いたなぁと印象ですね。

「ジョジョの奇妙な冒険」については、別に全部揃えようというつもりはなく、何となく突然途中だけでも読んでみたくなりまして(笑)。なお文庫版の11巻と12巻は第三部「スターダスト クルセイダース」編にあたります。ジョジョ達一行が日本からディオのいるエジプトへ向かう道中の話ですね。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。