2005年06月28日

ゲーム関係

近頃は情報収集自体積極的に行っていなかったりするんですが、久しぶりにゲームニュースサイトを一週間分ほど流し読みして、気になる話題をいくつか拾ってみました。

もちろん同じ作品の記事を各サイトで扱っているので重複している分もありますが、タイトル毎にまとめますと、 PlayStation 2 の「必殺裏稼業」と「真・三國無双4 猛将伝」、 Windows の「 PSO BB 」、iモードの「逆転裁判i」ということになりますですね。

「逆転裁判i」

「逆転裁判」シリーズといえば、それはもう以前から気になっているタイトルの一つではあるんですが。いかんせんハードウェアを持っていませんし、もともと携帯ゲーム機自体プレイしない・持っていないこともあって、そのためだけにハードごと購入する気も起きず。

これが全部まとめて PlayStation あたりで安価に発売されれば、あるいはグラフィックやら何やらを強化して PlayStation 2 あたりで発売されれば購入候補になるタイトルであることは間違いないんですが、それはさておき。

携帯ゲーム機ならぬ携帯電話用アプリとしてリリースされている「逆転裁判i」ですが、さすがにこちらは携帯ゲーム機版より敷居も低く、現在登録を考慮中です。

ちなみに今回記事になっている昇進テストの「図形認識編」を見ていると、何だか IQ テストを思い出しますね(笑)。

「 PSO BB 」

いわゆる MMO RPG についてはプレイしたことがないのでわかりませんが、 PSO BB で冒険に出かける場合には、まず難易度とエピソード( EP1 or EP2 or EP4 )などを設定して部屋を作り、そこに1人から4人のプレイヤーが入ってスタートすることになります。

で、普通に冒険を行うための部屋の種類には、普通部屋と一人用とがあり、前者は4人までプレイ可能なかわりに一人用に比べるとエネミーが強く設定されているんですが、今まで EP4 では一人用が実装されていなかったために、(乱入をされたくなく)一人で潜りたい時には部屋に鍵をかけ、さらにやや強めに設定されているエネミーを一人で相手する必要がありました。

で、 EP1 や EP2 では(一人用が)とうに実装されていることもあり、 EP4 でも待たれていたわけなんですが。

本日のメンテナンスで他のクエストといっしょに配信されるはずが、どうも不具合が見つかったのか一人用クエストだけが来週に延期された模様。

「必殺裏稼業」

購入するかどうかはわかりませんけれど、何となく心惹かれるものが(笑)。

そして必殺なんて文字を見ると、やっぱり往年の「必殺!」シリーズを思い浮かべる、というよりまさに意識しての命名でしょうけれど、そういえばそのものずばり各種時代劇の版権モノなんてのは作られないのかなぁとふと思ったり。

序盤から中盤にかけては情報収集や探索がメインで、最後はもちろん正体を現しての大立ち回り、証人が駆けつけたり印籠(何)が出されたりするまで耐えればミッションクリアーと。←おい

「真・三國無双4 猛将伝」

とうとう本編をまともにプレイする前に発表されてしまいました(汗)。

なのでいずれは購入するにしても、発売後すぐに購入するかどうかは微妙なところで。もっとも発売後に本編に取り掛かるなら、その時に購入してしまうと思いますが。

ちなみに「2」と「3」のときは、いずれも最初の発売からかなり時間が経ち、本編と猛将伝がセットになったパックが発売された時に購入したので、特に悩む悩まないなんてことはなかったんですけどね。発売後すぐに購入したのは今回の「4」が初めてなんですが、その「4」だけをまともにプレイしていないという皮肉。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Iモード
Excerpt: Iモードiモード(i-mode, アイモード)は、NTTドコモが提供する、専用携帯電話を使用して電子メールの送受信やインターネット上を含むウェブページ閲覧などができるサービス。NTTドコモに所属した、..
Weblog: 携帯電話最新情報7
Tracked: 2005-08-10 12:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。