2005年06月11日

「信長の野望・革新」

昔は国単位だったのが城単位になったりなんてこともありましたし、そして合戦用のマップに切り替わったりということもない全国一枚マップとのことですが。こういったシミュレーションゲームとしてはある意味理想の形でしょうし、実際記事なんかを読んでいても面白そうとは思うものの、時間的・システム的に、もはや容易には手を出しづらいと感じるのもまた事実(汗)。

実際のところ PlayStation 2 版「太閤立志伝V」(2004年8月26日発売)にはまっていた時期からはまだ一年も経っていないわけで、そのプレイ状況などは日記でもつらつらと書いていたりしましたし、「信長の野望」とか「三國志」とか「太閤立志伝」とか、シリーズのどの作品にしろ、今でもやればそれなりにはまるとは思うんですけどね。

ただ、今メインでプレイしている PSO BB の時間を割いてまで、始めたりハマったりはできないという事情が。現在のところ PS2 本体ですらホコリをかぶっているような状態ですし、とにかく昨年10月に新しい PC を組み立てて、さらに PSO BB を始めてからいろいろなものが変わってしまいました(笑)。

もっともネットワークゲームについては、プログラム相手ではなく他のプレイヤーとのやりとりがどうこうなどと、自分が語るのも今更ですが。他の方々と毎日のように会ったり、何時間も遊んだり過ごしたりなんてことはリアル知り合いでもそうはないわけで。

そのうえ自他の blog や PSO 関係のサイト、あるいは電子メールといった手段で、ログインしていない状態でも何らかのやりとりがあるような方もいまや少なくはなく。そういったつながりを自分から弱めようとは思いませんし、そういったゲーム自体はやらずとも、以前からのお知り合いの方々ならそのあたりも多少はご理解いただけるのではと考えてみたりも。

って、話を戻しますと、要はやりたい気持ちは多分にあっても時間がそれを許さないということで。もっとも、なぜファイナルファンタジーやラグナロクオンライン、あるいはそれこそ「信長の野望オンライン」ではなく PSO だったのかと突っ込まれれば、それは偶然としか言い様がないんですが。

ただ Dreamcast で( PSO を)プレイしたことがあったからというのは大きいですし、そう考えるとこれも一つの縁かなぁとは。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(2) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5750875

この記事へのトラックバック

太閤立志伝5 滝川一益 忍者プレイ体験記→剣豪プレイに変更か?
Excerpt: 剣術修行を続けていたら忍者になれなくなってしまった 負け犬リーマンSです。 滝川一益にてプレイ続行中です。 浪人のまま交易をし剣術の修行をしつつ各種能力を磨いています。 だいぶ能力値が上がってき..
Weblog: ゲーム中毒者日記
Tracked: 2005-08-11 07:12

太閤立志伝5 滝川一益 忍者プレイ体験記→剣豪プレイに変更か?
Excerpt: 剣術修行を続けていたら忍者になれなくなってしまった 負け犬リーマンSです。 滝川一益にてプレイ続行中です。 浪人のまま交易をし剣術の修行をしつつ各種能力を磨いています。 だいぶ能力値が上が..
Weblog: ゲーム中毒者のためのメディアガイド
Tracked: 2005-08-11 07:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。