2010年04月02日

史実と虚構。

例によって「クイズマジックアカデミーDS 〜二つの時空石〜」絶賛プレイ中なんですが、本日、文系学問のマルチセレクト(解答が複数、一つだけや全部の場合もあり)で次のような問題が。

Q. 豊臣秀吉に仕えていた軍師をすべて選びなさい。

  1. 黒田官兵衛
  2. 竹中半兵衛
  3. 蜂須賀正勝

当然のように黒田官兵衛、竹中半兵衛と選んたところ×にされ、どうやら3人とも選択が正解らしいんですが、まぁ釈然としないというか何というか。

いや、言わんとすることは分かるんです。要するに蜂須賀正勝(小六)が、野武士だか野盗だかの首領のようなイメージは間違ってますよという題意なんでしょうけれど、それなら問題文で「軍師」という単語を使うのはどうなのかと。

講談や小説のイメージは実は違う、史実ではこうなんだという意図での出題であれば、そもそも軍師という存在もかなり脚色というか誇張されているでしょうにという。これが謀臣や参謀といった言葉ならまた印象も違ったと思うのですが。

それと何がいやって、この問題で蜂須賀正勝を選択肢に突っ込んでくるあたり、世間で(おそらくは)一般的なイメージを逆用してやろうという出題者の意図が透けて見えるようでそれがたまらなく何というか。

もちろん、間違いとまではいかずとも文章や表現としてどうなんだろうと思う問題文やヒントは時折あって、そのようなことでわざわざぼやかないのですけれども、この問題については書かずにはいられませんでした(笑)。

posted by わたわた at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。