2010年01月26日

キャプチャーボード。

おそらく過去にネット上では「PC 用のディスプレイにゲーム機を接続したいんですけど」「テレビ買いなはれ」みたいなやりとりがかなりの回数交わされたのではと思う今日このごろ。

そのあたりについては自分も、コネクタやら変換やら苦労するわりに、結局うまく行かなかったり画質的にかなり落ちたりするのでは、といったイメージがありまして、ディスプレイ購入前にはまったく考えていなかったわけですが。

あらためて調べてみたら、先の日記で言及したようなディスプレイのほかにも、ディスプレイとゲーム機の間に接続する製品であるとか、今回購入した GV-MVP/RX3 のような製品(キャプチャーボード等)もいろいろと出ているようで。

とりあえず予備知識もなく店頭であれこれ眺めてみて、画面写真を撮るくらいには使えるだろうと思って上記の製品を購入したわけですが、こちらはアナログテレビチューナー+キャプチャーボードといったところですね。地デジ? 知らん!(えー)

そしてあまり参考にはならないかもしれませんが、一応導入時のトラブルを書き記しておきますと、画像はテレビもゲームもきっちり映るのに、音が出ないということがありまして。サウンドカード(Sound Blaster Audigy 2)は設定画面からきちんと指定しており、変にミュートなどにもなっていない、しかも録画したファイルはメディアプレイヤーでならきちんと音声付きで再生されるのに、付属ソフトではやはり画像だけという。

今まで使用したいろいろなソフトやゲームでも音だけでないなんて例はなく、それこそ相性を疑ったり、PCIスロットの位置を変えてみたり、サウンドカードのドライバを再インストールしてみたりといろいろやってみたものの改善せず。

あきらめてオンボードのサウンドカードのほうに切り替えてそちらで試してみようかと考えたわけですが、その前にもしやと思いシステムからオンボードのサウンドカードを使用不可にしたところ。

それはもうきっちり音声が流れ出しましたとも。

いやまぁ詳しい人なら真っ先に疑っていたのかもしれませんが、しかしそれならこの設定項目↓は何のために存在するのかと。

magictv.jpg

そんなこんなでテレビもゲームも OK とはなりましたが、もっとも PC を通してゲームをプレイする場合は、画質うんぬんよりもまず処理の遅延が問題になるとのことで、まずは以下の3タイトルを試してみました(いずれもプレイステーション2)。

  • 「絶体絶命都市2」
  • 「ガンダム無双2」
  • 「みんなのGOLF3」

結果のほうはといいますと「絶体絶命都市2」では言うほどは気にならず。というより正直なところ、元から少々重いゲームなので、どこまでが PC 側の遅延でどこまでがゲーム側の処理落ちなのか区別が付かなかったりも。

また「ガンダム無双2」はかなり心配だったんですが、元々自分がコンマ何秒なんて戦いをしていないためか、これが意外と、勢いで何とかなる感じです。ただ厳しめのミッションで難易度ハードなど、通常でもしんどいケースとなると、また違ってくるかもしれませんですね。

そして今回いちばんつらかったのは意外にも(?)「みんなのGOLF3」。ゴルフといっても結局重要なのはゲージ上を動くカーソルの目押しであるわけですが、これがもうずれるずれる。明らかに決定のタイミングが遅れており、今回もっとも遅延を体感できたゲームでした。

一応、それも計算に入れてかなり早めに押せば、まったくゲームにならないということもありませんが、さすがにしんどいですね。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。