2010年01月28日

日本橋の思い出

sofmap.jpg

先日ソフマップで買い物をした際にレシートの「ビックカメラグループ」の文字を見て、そういえば業務提携なんて話もあったなぁと思って調べてみたら既にそんなレベルではなく、2010年1月26日に上場廃止、同1月29日にビックカメラによる完全子会社化とのことで。

完全に消えてなくなるわけではないにしても、何かせつないというか、以下軽く思い出話など。

自分がテレビゲームに手を出し始めたころは、ソフトを近くのデパートや普通のおもちゃ屋などで、ほぼ定価に近い金額で購入していたんですけれども、そのうち日本橋なるものの存在を知って足繁く通うように。

価格の問題ももちろんありますが、やはり新品中古問わず品ぞろえの面も大きく。あとはそんなに多くはなかったですが予約特典を気にするケースも。そして予約していた新品を購入するついでに、価格を比較しつつ気になるタイトルや新品が売られていない中古ソフト、さらには関連書籍なども買って帰ったりとか。

当然ソフマップ以外にもゲームショップや PC ショップなどいろいろありましたが、中でもスタンバイというショップは Ver.2、Ver.3 といった感じでソフマップ同様に日本橋だけで何店舗もありまして。Wikipedia の記述によると最大でソフマップは10号店まで、スタンバイは9店舗あったそうです。

自分がよく利用していたのは、地下鉄恵美須町駅の出口からすぐのところにあったソフマップ4号店なんですが、これがまた妙な形状で、たとえるならアルファベットのPみたいな。広いところはまあ普通なんですけれども、そこから細長い、ほとんど通路みたいな売り場が伸びているという。

その後は一時期ほどゲームソフトを購入しなくなり、やがて大阪梅田にソフマップギガストア梅田店、そしてヨドバシカメラマルチメディア梅田がオープンしたことにより、決定的に日本橋からは足が遠のくことに。ただ、何回か言及している5年前の PC 組み立ての際には、久しぶりにあちこちパーツを見て回ったりして、PC ケースを自力で持って帰ったときには死ぬかと思った記憶なども。

そして今やスタンバイは廃業、ソフマップも日本橋は2号店までに減少、ついでにギガストア梅田店も移転(ごくわずかの距離ですが)に伴うものか、いつの間にかギガストアの文字が取れて単なる「梅田店」に。

posted by わたわた at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

キャプチャーボード。

おそらく過去にネット上では「PC 用のディスプレイにゲーム機を接続したいんですけど」「テレビ買いなはれ」みたいなやりとりがかなりの回数交わされたのではと思う今日このごろ。

そのあたりについては自分も、コネクタやら変換やら苦労するわりに、結局うまく行かなかったり画質的にかなり落ちたりするのでは、といったイメージがありまして、ディスプレイ購入前にはまったく考えていなかったわけですが。

あらためて調べてみたら、先の日記で言及したようなディスプレイのほかにも、ディスプレイとゲーム機の間に接続する製品であるとか、今回購入した GV-MVP/RX3 のような製品(キャプチャーボード等)もいろいろと出ているようで。

とりあえず予備知識もなく店頭であれこれ眺めてみて、画面写真を撮るくらいには使えるだろうと思って上記の製品を購入したわけですが、こちらはアナログテレビチューナー+キャプチャーボードといったところですね。地デジ? 知らん!(えー)

そしてあまり参考にはならないかもしれませんが、一応導入時のトラブルを書き記しておきますと、画像はテレビもゲームもきっちり映るのに、音が出ないということがありまして。サウンドカード(Sound Blaster Audigy 2)は設定画面からきちんと指定しており、変にミュートなどにもなっていない、しかも録画したファイルはメディアプレイヤーでならきちんと音声付きで再生されるのに、付属ソフトではやはり画像だけという。

今まで使用したいろいろなソフトやゲームでも音だけでないなんて例はなく、それこそ相性を疑ったり、PCIスロットの位置を変えてみたり、サウンドカードのドライバを再インストールしてみたりといろいろやってみたものの改善せず。

あきらめてオンボードのサウンドカードのほうに切り替えてそちらで試してみようかと考えたわけですが、その前にもしやと思いシステムからオンボードのサウンドカードを使用不可にしたところ。

それはもうきっちり音声が流れ出しましたとも。

いやまぁ詳しい人なら真っ先に疑っていたのかもしれませんが、しかしそれならこの設定項目↓は何のために存在するのかと。

magictv.jpg

そんなこんなでテレビもゲームも OK とはなりましたが、もっとも PC を通してゲームをプレイする場合は、画質うんぬんよりもまず処理の遅延が問題になるとのことで、まずは以下の3タイトルを試してみました(いずれもプレイステーション2)。

  • 「絶体絶命都市2」
  • 「ガンダム無双2」
  • 「みんなのGOLF3」

結果のほうはといいますと「絶体絶命都市2」では言うほどは気にならず。というより正直なところ、元から少々重いゲームなので、どこまでが PC 側の遅延でどこまでがゲーム側の処理落ちなのか区別が付かなかったりも。

また「ガンダム無双2」はかなり心配だったんですが、元々自分がコンマ何秒なんて戦いをしていないためか、これが意外と、勢いで何とかなる感じです。ただ厳しめのミッションで難易度ハードなど、通常でもしんどいケースとなると、また違ってくるかもしれませんですね。

そして今回いちばんつらかったのは意外にも(?)「みんなのGOLF3」。ゴルフといっても結局重要なのはゲージ上を動くカーソルの目押しであるわけですが、これがもうずれるずれる。明らかに決定のタイミングが遅れており、今回もっとも遅延を体感できたゲームでした。

一応、それも計算に入れてかなり早めに押せば、まったくゲームにならないということもありませんが、さすがにしんどいですね。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

液晶ディスプレイ。

というわけで液晶ディスプレイのほうですが。思えば今まで使っていたディスプレイは、他のパーツに比べるとずいぶんぞんざいに選んだというか、店頭で適当に見て決めた記憶が。

いやまぁ数日間にわたっていろんなパーツを買い集め、そしてほぼ組み立てを終えた後だったので、そこまで念入りに調べる気力が残っていなかったのだと思います、多分。

とはいえ絵や CG などの作業をするわけでなし、特に不満らしい不満もありませんでしたけれど。気になるのは、(故障まで)5年が長いか短いかってことくらいですかね。

一応今回はネット上をさらりと検索もしまして、最終的な天の声(何)は「三菱電機」。そして後は店頭で19インチ以下の非ワイド型に絞って商品を眺めて、上記の RDT196LM を購入と。

気になる点といえば、店頭や一部ショップのサイトなどで横と縦の比が「4:3」と書いてあったことくらいでしょうか。公式サイトの数字を見ても実際の表示領域でも「5:4」に見えますし、現に800x600の「太閤立志伝5」をフルスクリーンで表示するとやはり縦長になりますし。19インチですから、もちろんそうだろうなぁと思ってはいたんですけれども、もしかしたらと少しだけ期待してしまったりも(笑)。

ただ、今度は前のと違ってデジタル入力対応(DVI-D)なのでそちらで接続し、グラフィックボード(GeForce 7600 GS)の機能を使うことで、比率を固定したまま拡大はできるようになりました。

といったわけで、これまた特にこの製品自体に不満はないんですが、先に存在を知っていたら迷っただろうなぁと思うのが上に挙げた RDT231WM でして。今回20インチ以上やワイド型は候補から外していたのでノーチェックだったんですが、何でも HDMI 端子付きのゲーム機ならそのまま、D 端子でも変換コネクタ(ミニD-SUB15ピン)による接続を「公式に」サポートしているという。

とはいえ、ディスプレイに直接接続だともちろん PC 上でのキャプチャーなどはできないわけですから、そういった用途メインですと微妙ですが、しかしまああって困る機能ではありませんので、これからディスプレイの購入を考えている方などは考慮してみてもよろしいのではと。

posted by わたわた at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

ぎゃーす。

どうも液晶ディスプレイが逝ったっぽいです、はい。

ディスプレイの電源自体は PC に合わせてちゃんとついたり消えたりしていますし、スピーカーからは Windows の起動音も聞こえるんですが、一切画面に何も映らず。

「信号来てへんから消すで」(意訳)的メッセージも含めて何にも表示されずに真っ黒のままなので、十中八九、ディスプレイの問題だろうと。

先日の電源もそうですが、やっぱり5年も経てばいろいろと出てくるものなんですかね。初めて組み立てた PC ですし、あるいはよく5年も問題が出なかったともいえるのかもですが。

とりあえず今は、時代の移り変わりの前に永遠の秘密兵器となってしまったカシオペアの FIVA 102 を久々に起動して更新しているわけですけれども。

場合によっては明日はまたソフマップかヨドバシカメラにでも寄ることになるかと。ただ、液晶ディスプレイもああ見えて結構重いんですよねぇ。

posted by わたわた at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

ロングセラー?

「太閤立志伝5」をキーワードにあれこれ検索していたところ、ふと sofmap.com の商品紹介ページが目にとまりまして。

現在 Windows 版は KOEI THE BEST(廉価版)の発売に切り替わっており、自分が先日(ネットではなく店頭でですが)購入したのも、もちろんそちらの BEST 版で、元が数年前のゲームなのでまだ置いてあるかなぁと思いつつショップに行ったわけですが。

前述のソフマップのページでふと横のランキングに目をやったところ、何と「太閤立志伝5」が現在のランキングに入っているという。昨日の時点では4位、先ほど見てみたところ5位となっていましたが、元は2004年発売、 BEST 版でも2005年8月発売にしては驚くよりほかなく。

20100118_sofmap.jpg

いちおう Windows 用ゲームソフトのシミュレーションの中でということのようですが、しかしそれにしても。しかも5位までのうち2作品はまだ発売前(予約本数?)のタイトルですし。

ただ、このランキング(1月19日時点)をよく見ると、3タイトルがコーエーで「信長の野望」の最新作と「ウイニングポスト」の最新作、それと「太閤立志伝5」、後の2タイトルはどちらもアートディンクの「A列車で行こう」シリーズ(うち1タイトルはサイバーフロント発売)ということで、正直なところほかの会社やタイトルがしんどいだけなのかなとちらと思ったり(汗)。

あと思いついた理由としては、それこそ5年前のタイトルなので店頭に置いてなくてネット販売を利用する人が多いのかなとか、 PSP 版の後で Windows 版もという人がいるのかな、とか。

posted by わたわた at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 太閤立志伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月17日

普通?

引き続き「太閤立志伝5」はゲーム本編もそこそこに、イベコン用スクリプトの作業中。

イベントコンバーターの仕様として、いちばん最初のゲームスタート時にイベントを読み込んだ後、既存のイベントの修正は(ある程度)可能なんですが、新たなイベントやフラグの追加などはできないことになっていまして。

誤字脱字の修正やら発生確率・条件の変更くらいならともかく、前編と後編に分けて……なんてことをしてしまうと、前編のみ組み込んで始めたセーブデータでは後編をプレイできないということに。

やはり公開するからには、たとえ趣味のものであっても、大幅な仕様変更や(前述のような)不具合の修正以外で何回もアップデートを要求するようなことはしたくはなく。いやまあ、そもそも誰も使っていなかったりするかもしれませんが、それはそれ。

といったところでまた余談など。

ゲーム中に登場する、人物クラスに所属するオブジェクト……といっていいのかどうか分かりませんが、登場人物はさまざまなプロパティを持っていまして、その中に「奥さん性格」というのがあります。

奥さん性格とはいっても、結婚後の会話やイベントだけでなく、宿娘との会話時にもセリフが違っていたりしますので、そのあたりも今回は少し採り入れているわけですが、一つ難儀なことが。

性格には4種類ありますが「高飛車」「おしとやか」「お転婆」あたりは、読んで字の如くといった感じで分かりやすく。もちろん、あくまでも宿屋で奉公しているだけの町娘(?)なので、その手のゲームのようにあまり極端にならないよう気をつけていますが、問題は残りの一つ。

性格「普通」って、どういうことやねん、みたいな。

posted by わたわた at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 太閤立志伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

鋭意作業中。

元旦に言及した「太閤立志伝5」イベコン用スクリプトについては現在鋭意作業中。ただ、これまでのスクリプトに比べると少々大きめなので、公開できるレベルにまで持っていくにはもう少し時間がかかりそうな。具体的な内容の方ですが、今回は史実姫ではなく宿娘の出番を増やそうというコンセプトで。

既に史実姫については何度か書いていますが、では歴史上の奥さんがゲーム中に登場しない武将ではずっと独身かというとそんなことはなく。

そのあたり Windows 版と PS2 版以降(追加要素あり)では若干違いますが、とりあえず Windows 版デフォルトのイベントでは、各地方にだいたい一人ずついる宿屋の娘と、後はプレイヤーが作成した女性新武将に求婚できます。PS2 版ではそれに加え、移植にあたって追加されたイベントでそれ以外の一部女性キャラクター(女将、くノ一等)とも結婚できるようになっていますが、今回そちらは本題ではないのでさておき。

宿屋の娘に求婚できるといっても、それまでにイベントらしいイベントがほとんどないんですね、これが。結婚後だと史実姫などとも共通の奥さんイベントがそれなりにあるんですが。

何しろ、親密度を上げるための贈り物、それも高価な物(価値5以上=一品モノ)はプロポーズ用の一つだけでよく、後は普通に商家で買える物をいくつか用意して「宿泊→朝のあいさつ時に贈り物」を数回繰り返せば結婚に応じてもらえるという。

いやまあ、そういうゲームではないので仕方ないといえば仕方ないんですが、さすがにそれだけではいささか寂しいので、結婚前にも会話イベントを増やしてみようと、そんなところでございます。

というわけでとりあえずスクリーンショットなど。

tr5_20100110.jpg

いやまぁ、これはネタですが。

posted by わたわた at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 太閤立志伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月09日

エスケープ!

元々謎解きや脱出などを目的とするアドベンチャーゲームはかなり好きなほうで、脱出系だと「MYST」「零〜zero〜」「絶体絶命都市」「ICO」あたりがお気に入りなんですが。

ただ、最近微妙に流行しているような気もする、ブラウザ上で遊べる Flash や携帯電話アプリなどの脱出ゲームは、正直なところ、まず謎解きありきというか「何故そんな手順を踏まなければならないのか」と感じることも多かったり。

てなことを踏まえまして。

数日前にブログ設定やら何やらの確認のために、この seesaa ブログにとりあえずログインしていたところ、ブログパーツに「密室のサクリファイス」(PSP 用ソフト)なんてのを見つけまして、少し公式サイトのほうを眺めていたんですが。

5人の女性と一緒に地震に見舞われた地下から脱出を目指すという設定やら、も少しシリアスな感じの絵柄の方がゲーム内容に合っているのではと思ってしまうあたり、 SIMPLE シリーズマニア(誇張)としては「漂流少女」を思い出さざるをえず。

最初はてっきり続編かリメイクかと思ったんですが、コピーライトにある会社名も細かい設定等も違うようで、どうやら別物の模様。ついでに SIMPLE シリーズでもないために少々値段もお高いようで。

なお気になる内容のほうですが、制作は SIMPLE DS シリーズの「THE 密室からの脱出 〜THE 推理番外編〜」を手がけたインテンスということで、そちらは遊んだことがありまして。

個人的には冒頭に述べたような理由で良いとも悪いとも言い難い部分もあるんですが、公式サイトのウェブ用体験版のほうを遊んだ限りではそんなに強引な感じもしなかったので、一応頭の片隅に。

最大の問題は PSP を持ってないということですが。

posted by わたわた at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

年末年始。

基本的にお笑い番組は好きなほうなんですけれども。

本数の多いこの時期、バラエティ系はともかく漫才やショートコントは高確率で同じネタを目にするのがちょっと。まあさすがに番組ごとに違うネタをというわけにはいかないのでしょうけれど。

それはさておき、毎度のことながら、忙しい時期にはあれこれやりたいことを考えたりするのですけれど、いざ長い休みに入るとこれがなかなか。

ともあれ、現在は「太閤立志伝5」のほうで公開用に考えているイベントスクリプトを、ある程度形にできればなぁと考えていたり。

posted by わたわた at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。