2005年05月30日

ケータイゲーム & オンラインゲーム

携帯電話( P900i )のほうで現在情報料を払ってマイメニューに登録しているのは、着メロと着うたのサイトが一つずつ、そして「真・三國無双」のサイトくらいで、ゲームのほうはお金を払ってまではプレイしてなかったり。体験版とかお試し版とかを少しかじったことがあるくらいですね。

基本的に移動時間が短いこともあって、携帯のゲームしかできない状況というのがほとんどなく、ちょっと試しにくらいならともかく、時間とお金をかけて本格的にじっくり取り組もうという気にはあまり。自宅にいるときは PSO BB とかのほうをやりたいですし。

といったところなんですが、上記記事のどーもくんにはちょっと心惹かれるものが(笑)。内容もロジックパズルとのことで、気が向いたときにちょろっとというのによさそうですし。

一方オンラインの音楽ゲーム「 DJ MAX 」のほうは、最近ちょっとだけこの手のゲームに取り組んでいたり、似たような感じの「 O2Jam 」をプレイしていたりすることもあって興味はあるんですけれど。

これ以上プレイするゲームを増やしてどうするんだというのと、上記 impress の記事には書いていないようですが、今月号の「 LOGiN 」によれば、いずれ月額で課金されるのは確定みたいなので、そのあたりでちょっと。 PSO BB ほどプレイするのであれば、数百円から千数百円程度別に惜しいとは思いませんが、気が向いた時に少しずつ、といった感じのゲームに対しては、気持ち的にお金を出しづらいといいますか。もちろんそれすら出せないほど生活に困っているわけではないんですが。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月28日

番外戦(誤)

「 Netscape 8 」については、こちらでも過去に紹介したことがある手前、今回の記事についても言及を。即 Internet Explorer が使えなくなるのではなく、 XML を表示する時に影響が出るというお話で、使い方によっては気がついていなかったユーザーもいるかもしれません。

ただ、直接 IE で XML を表示する場合はもちろんですが、その他 IE の機能を内部的に利用しているソフトもあるでしょうから(それこそ今回の Netscape 8 のように)、むしろそちらの影響のほうが大きそうな気はします。記事中でも紹介されていますが、 MSN Messenger でメッセージの履歴が見られなくなったりとか。

その履歴ファイルの中身はただの XML なので、 HTML ファイルを様々なブラウザで閲覧できるように、例えば Firefox あたりから直接開けば閲覧は可能なんですけれど、 Windows の場合は XML に限らず、ソフトの自前でなく IE の機能を利用している場合も多そうですし。

だからこそブラウザでもなんでもないソフトウェアの動作条件で、 IE 6 以降がインストールされていること、なんてのが加わるわけで、今回のように IE の機能を使うことを前提としている MSN Messenger あたりはどうしようもなく。

ただまぁ今回の件はどっちがどうなのかよくわかりませんけれど、とりあえずご参考までに。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

「 LOGiN 」7月号

PSO BB 専門ページもあり、またちょうど発売されたばかりとのことだったので、今日の帰りに京橋の紀伊國屋書店で「 LOGiN 」7月号を購入してきました。って、表紙や雰囲気を見て、こんな雑誌だったかなぁと思ったりもしたんですが(汗)。

所持しているマシンが時代遅れになったり、その影響で PC ゲームをプレイしなくなったりしてからは、 PC 雑誌や PC ゲーム雑誌を購入することもすっかりなくなっていましたので、こういう雑誌自体本当に久しぶりなんですが、さすがにたいていのゲームなら大丈夫だろうという環境を手に入れた上で眺めてみると、やっぱり興味深く読めるといいますか。

けどまぁやっぱり現在では、オフラインゲームよりはオンラインゲームのほうに目がいきますね。ただ PSO BB に加えてオンラインゲームを掛け持ちする元気はないですけれど(汗)。手軽にプレイできる音楽ゲームの「 O2Jam 」なんかは時々プレイしていますけれど、それも軽く一人で練習するくらいで本格的な対人戦などはほとんどやっていません。

ちなみに肝腎の PSO BB ページについては一プレイヤーとして正直あまり面白いとは(汗)。メインであるいくつかのチームの紹介記事が個人的には興味をそそられなかったことと、何と言っても雑誌媒体であるために情報が遅すぎることなどがありまして。配信情報や LOGiN CUP の途中経過等、公式サイトを見たらもっと詳しくわかるようなことが、それも何週間も遅れて載っているわけで。こういうご時世ですからそのあたりは致し方ないことですが、自分としては豆知識とか小ネタとかそんな感じの記事のほうが見てみたい気は。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

Netscape 8.01

Internet Explorer 以外の選択肢を積極的に求めていた人たちは、あらかた Mozilla や Firefox や Opera に乗り換えてしまったように見え、 Netscape ブランドに昔ほどの需要はないのかもしれませんが、それでも選択肢が増えることはいいことなのではないかと。

特に今回の Netscape 8 は、全く新しいブラウザというわけではなくベースは Firefox 、そして IE で表示することも可能ということで、閲覧するほうもされるほうも、歓迎とまではいかなくとも否定されるようなこともないような。

ただ個人的にはやはり既に Firefox を常用しており、 Windows Update やオンラインゲームのポータルサイト等、どうしても IE が必要な場面でのみそちらを使うという感じなので、一つのブラウザで使い分けができるのは便利かもなぁと思いつつも、わざわざそれらに加えてインストールするのは二の足を踏みますが。

それとこれは直接関係のない話ですが、昔から不思議なのは、ブラウザやメーラーなどについての議論が掲示板などでなされる場合、ユーザー的立場ではなくファン的立場の方が少なくないように見えることですね。

普通は使っている製品に不具合や不満等があれば改善を要求すると思いますし、モノによってはリコールなんてのも行われたりするわけですが、ことブラウザやメーラーなどについては仕様や欠陥がどうこうではなく、「なぜ自分が使っているものをけなすんだ」的な反応をされる方が少なくないような気が。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

ネット関係

ちょっと調べものをしていて目についたニュースをいくつか。

もちろんオンラインゲームという部分が気になって見てみたんですが。このタイトルは少しわかりづらいというか、これだけだとオンラインゲーム会社全般に対しての苦情が(440件)寄せられているようにも読めますが、実際にはそうではなく。

記事中に「あるオンラインゲーム運営会社の管理責任についての苦情が多く寄せられていたことがわかった」、「特定の業者1社に対する苦情の件数としては突出している」といったくだりがあるとおり、要はある特定の会社についての苦情がとびぬけて多く440件にも達したということですね。

というかすみません、記事を読んだとたんに自分の頭の中には特定のタイトルと会社名が真っ先に浮かびました(笑)。

が、同記事について検索して個人のブログ等を眺めたところ、けっこう意見が分かれている模様。候補としては……、ってそれはやめておきましょう(ぉ

まぁ少なくとも PSO (とソニックチーム)でないことはたしかでしょうけどね。サーバセーブ方式の PSO BB になってからその手の不正行為はほとんど不可能になったらしいですし、もちろん運営に対して苦情がないことはないでしょうけれど、(苦情の)数で言うならそれ以上の大物候補がいくらでも。

PC を組み立てる時には、特にマザーボードやグラフィックボードの価格や評判、仕様などあれこれ調べていましたが、その後はすっかりご無沙汰でした。が、何だかえらいことになっていた模様。

たとえサイト管理者に悪意がなくとも、そのサイトが安全だとは限らないわけで、少なくとも「変なサイトには行かないからウイルス対策なんて必要ない」みたいな考え方は通用しないということで。実際ブラウザもメーラーも起動していない時に、ファイアウォールが外部からの悪意あるアクセスを検知したこともありましたし。

Firefox がアメリカやドイツでは勢力を伸ばしているものの、日本ではまだまだ Internet Explorer が圧倒的というお話。このことだけで国民的気質を語るわけにもいかないでしょうけれど、何となくさもありなんという感じはしますですね(笑)。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

タカラトミー

つい先日ナムコとバンダイの経営統合が発表されたところですが、今度はトミーとタカラが合併だそうで。ゲーム会社に関しては、それこそ消えた話なんかもあって、聞き飽きたとまでは言いませんが、まぁいろいろあるものだなぁと。

それも名の知れたメーカーが多く、合併やら経営統合やら子会社化やらが報道された会社をざっと並べてみると、スクウェア、エニックス、セガ、ナムコ、バンダイ、コナミ、ハドソン、トミー、タカラ、 SNK といったところですか。これ以外でゲーム関係の有名どころというと、それこそ任天堂とソニーとコーエーくらいしか残ってないんじゃないかとすら。

もっとも今回の両社については、個人的にはゲームより玩具のほうのイメージが強かったりします。タカラのほうはたしかに数多くのタイトルをリリースしているようですが、あまり自分の嗜好とは重なっていなかったせいもありますし、何より「人生ゲーム」など玩具方面の印象が強いですしね。同社からリリースされたゲームソフトは、ずっと遡っても一本か二本持っているかどうかといったところかと思うんですが、それくらい記憶に残ってないです。

そして「人生ゲーム」といえば、たいてい車に乗せきれないくらい子供が産まれてしまい白い眼で見られるプレイヤーがいたようないなかったような(笑)。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

「零〜刺青の聲〜」( TECMO )

おぉ。

今やすっかり PSO BB 三昧で(汗)、興味があるとか購入するかもしれないとこちらで言及しつつ、結局そのままになっていたり、購入はしたけれどもほとんどプレイしていないようなタイトルも数多く、 PlayStation 2 を起動することすら少なくなっているような日々ですが。

「零」シリーズの最新作であるこの「零〜刺青の聲〜」につきましては、必ず買います。というか近いうちに予約します(ぉ

といっても発売日は2005年7月28日なので、まだ二ヶ月以上も先なんですけどね。それくらい自分の中で評価の高いシリーズということで。単にグロテスクな敵が襲い掛かってくるとかそういう方面ではなく、暗闇に対する恐怖感のようなもっと原始的な部分を刺激されるといいますか。とりあえず誰でもいいから捕まえて実際に体験させたい気持ちになる作品です(笑)。

以下は各タイトルごとの公式サイトですが、それぞれの作品がきちんと紹介されていますし、雰囲気だけなら画面写真だけでもかなり伝わると思いますので、興味のある方はご参考までに。なお XBOX の二作品はそれぞれ一作目と二作目の移植版です。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

推薦図書

今まで新刊コミックスのチェックに利用させていただいていた個人サイトが、さすがにそのようなヒマがなくなってきたという理由により2005年4月発売分を最後にリスト化を終了されまして、これから各出版社や書店のサイトを巡回しなければならないとしたら面倒だなぁと思っていたところ。

適当に検索して調べていたら上記太洋社のウェブサイトが、過去の分も含めて綺麗にまとまっていまして、これは便利だと思ってよく見たら、以前自分で利用していたサイトでした(えー)。ただ何故に存在まで失念していたのかは謎ですが(汗)。

そして発売スケジュールは利用しても購入するのは近くの書店ですし、こちらのサイトに実際にお金を落とすことはないでしょうから、何だか申し訳ないなぁと思ったらウェブ上では書籍の販売を行っておらず、そもそも小売自体していない会社とのこと。ランキングや注目書籍の紹介等もあって実用的なサイトなんですが、目的が謎というか、こういうのも宣伝の一環として大きいんですかね。

それはともかくざっと5月発売分を眺めてみたんですが、あいにくとはっきり購入を考えるまでのタイトルはありませんでしたので、一足早く6月分をチェックしたところ、こちらはきっちり買い揃えているタイトルの最新刊が並んでおり、以下のような感じでわりと豊作でした(発売日順、敬称略)。

  • 6/16 「史上最強の弟子ケンイチ」 16巻 (松江名俊 / 小学館)
  • 6/17 「魁!!クロマティ高校」 13巻 (野中英次 / 講談社)
  • 6/18 「ぱにぽに」 7巻 (氷川へきる / スクウェア・エニックス)
  • 6/23 「サクラ大戦 漫画版」 4巻 (政一九 / 講談社)
  • 6/23 「 GUNSMITH CATS BURST 」 1巻 (園田健一 / 講談社)
  • 6/27 「悪魔様へるぷ☆」 2巻 (岬下部せすな / 芳文社)

なお「 GUNSMITH CATS BURST 」は今回1巻の発売ですが、前作(?)の「 GUNSMITH CATS 」を全8巻揃えているという関係で。もっともアフタヌーン誌上で連載が始まったことは以前から知っていましたが、そのためにあの雑誌を買う気には(汗)。

他は攻略本のほうで、ソフトバンクパブリッシングから「ファンタシースターオンライン ブルーバースト マスターズガイド −エピソード4−」(長っ)が6月上旬発売予定とのこと。すぐに購入するかどうかはわかりませんが、いちおう頭には入れておくということで。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

電気街と冷却装置

もちろん自分は秋葉原なんて過去に一度か二度行ったことがあるかなぁといった程度なんですが。記事の前半は主に同地域の変化というかショップの新装開店や移転などについて触れられており、後半はこれからの季節をにらんで、 CPU クーラー等冷却系パーツについての記事がメインとなっています。それで前半部分からは日本橋の変化を、後半部分では今使っている PC を組み立てた時のことを思い浮かべてみたり。

日本橋については時々言及していましたが、何といっても梅田にヨドバシカメラがやってきたことが非常に大きな影響を与えているようで。それに加えてソフマップギガストア梅田店ができたこともあり、個人的にはもうその二店だけでおなかいっぱいというか、たいがいのことは(日本橋まで足を運ばず)梅田で済ませてしまうようになりました。

さすがに PC 組み立て用のパーツを探す時には、種類や在庫や価格の関係もあって日本橋の複数のショップをまわりましたし、実際に PC ケースや CPU などはそちらで購入してきましたけれど、普通のゲームソフトや DVDなどを(新品で)購入するのにそこまでする必要はもはやどこにも。もっとも日本橋との変化とも関連しますけれど(?)、ゲーマーズやとらのあなといったショップが進出していますので、あるいは逆に回数が増えたという方もいらっしゃるかもですが。

ちなみに大阪では梅田にできたヨドバシカメラが日本橋から客を吸い取ったようなものですが、東京では秋葉原そのものににヨドバシカメラができるという違いが興味深いといいますか。若干交通面で不自由な前者と山手線で行ける後者との違いですかね。

そして冷却系パーツの話ですが、今の PC を組んだのは昨年の10月でまだ夏を越したことがないので、温度的な部分はどうなんかなぁと気にはなっていたり。もっとも CPU クーラーとの干渉でケースの蓋を閉めることができずに、ずっと開けっ放しで使っていますので、室温だけに気を遣っていればそんなに神経質にならなくてもいいのかなとも思うわけで。なんなら卓上扇風機を PC 専用にしてもいいですし(ぉ

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月02日

ナムコ+バンダイ

いや何かもう「へー」としか言い様が。過去に両社ともセガとくっつきそうになったことがありましたが、その両社が今回は経営統合ということで。何がどうというのではなく、単にどの組み合わせに落ち着くかといったところだったんでしょうか。

とりあえず結合度の違いはおいといて、他に思いつくところでは、スクウェアとエニックス、セガとサミー、 SNK とアルゼ、コナミとハドソン、それにタカラとかアトラスとかそのあたりも何かありましたですね。

スクウェアとエニックスにしろ、ナムコとバンダイにしろ、多くの実績がある大手で老舗でもありますし、それはまぁ一緒になってより面白い作品を作る可能性はあるんでしょうけれど、やっぱり例によって、一社ではしんどいということであればいささかさびしいものが。

もっとも異業種ではなくゲーム会社同士という点については、ゲームファンとしては歓迎できなくもないかなと。やっぱりパチンコ会社にゲーム会社が吸収されるなんてのは、数字やらなんやらとは無関係に心理的な抵抗を感じますし。

ちなみに今回の両社が統合で業界第2位になるということで、そちらは「なるほど」ってなものですけれど。実は第1位がセガサミーということにたいへん驚きました。←こら

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

「虫姫さま」

最近この手のシューティングゲームもすっかりプレイしなくなってしまいましたが、ユーザーの層とか人数とか実際問題どんなもんなのかなぁと。対戦格闘ゲームなんかもそうですが、何かもう一見さんお断り的な方向へとどんどん向かっていったようなイメージがありますが、こういったとりあげられ方を見ると、いちおうジャンルが続く程度の固定ファンには不足していないのかなとも。

以前は「式神の城」「怒首領蜂 大往生」なんてのもアーケードでプレイしていた時期があって「式神の城」のほうは PlayStation 2 版も持っていますし、「怒首領蜂 大往生」も PlayStation 2 版をやはりそのうち買おうと思ってはいるタイトルです。

が、さすがにこの手のゲームに対して、アーケードでお金を注ぎ込みつつ、最終面を目指すなんてのは夢のまた夢ですし(汗)。だからコンシューマーへの移植版を買うという意味はもちろんあるわけですけれど、とりあえず発売はまだ先の話ですので、ゲームセンターで見かけたらまた少し触ってみようかと。

それにしても「怒首領蜂 大往生」にしろ「虫姫さま」にしろ、ゲームの内外で使われるイラストであるとか世界設定・ストーリーであるとか、やけに気合が入っているのが世相(何)かなとも。

posted by わたわた at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。